【ワークマン】防寒ブーツケベック / 最強コスパと最強保温を堪能してみた

お役立ち情報
シャム猫
シャム猫

こんにちは、シャム猫です!

秋冬の寒い時期の悪天候は、キャンプなどのアウトドアを満喫するには難敵です。防寒・暴風対策なしではせっかくの冬の楽しみを逃してしまうことになってしまいます。

そうならないように足元を温めるためのブーツを探していると、コスパが良くあったかいブーツを発見しました!現在では作業着だけではなく、普段着からスポーツウェアと日常生活で使えるアイテムを続々と販売している「ワークマン」の『防寒ブーツ ケベック』です。ワークマン愛好家の中ではもうお馴染みですが、実際履いてみてブーツ性能の高さを感じたのでご紹介します。

スポンサーリンク

👢FC112 防寒ブーツ ケベック👢

2021年モデル サイズ:Lサイズ/カラー:ブラック

ケベックは、ワークマンのオリジナルブランド「Field Core(フィールドコア)」の商品です。

参照:ワークマン公式HP

💡サイズ・重さ
◎素材:ポリエステル100%・人工皮革・合成皮革・ゴム底
◎重量:約280g(Lサイズ・片足)

サイズはSS~4Lと幅広く作られているのでサイズで悩むことはありませんが、人気商品なので売り切れて自分のサイズがないことはあるかもしれません。

重さは、Lサイズで約280g。この軽さもケベックの魅力ですよね✨ブーツが軽いと足の負担がかなり軽減されるので歩きやすさも変わってきます。かなりアクティブに動けそう。

💡防水・撥水加工
雨が降っても安心の防水・撥水加工

接地面から4㎝までは防水加工、ブーツの表面は撥水加工がされているので急な雨や水溜まりも問題ありません。キャンプなどの水場が近いシーンでは本領発揮してくれそうですね。耐寒性の強いパーツが使用されているので本当に寒い地域でも活躍しそうです。

見事に撥水パワーを発揮してくれます。
💡すべりにくさ
強靭そうなゴム底

ケベックの靴底はゴム底になっていて弾力があります。アスファルトの道では歩きにくいという印象はまったくなく、雨の日でも快適でした。どれだけ履きやすくてもグリップ力が弱いとガッカリしてしまいますが、このソールなら足場の悪い場所や河原などでもガッチリと地面をとらえてくれるでしょう。

👛1900円(税込)
驚愕の1900円(税込)

そして価格ですが、驚きの1900円(税込)なんです!!

この価格は破格ですよね。有名ブランドだと1万円は超えるものがワークマンでは1900円で買えるのです。ブーツはシーズン物で履く期間もそんなに長くありません。安く買えるものもありますが、寒かったりすべりやすかったりすると意味がありませんよね。

これだけの性能が備わっての1900円は優し過ぎます!!

💡抗菌防臭インソール
「DEOPUT」使用

ブーツを長時間着用しているとどうしてもムレてしまって脱いだときにニオイが気になりますが、ワークマンのケベックは抗菌防臭インソール「DEOPUT」が使用されているので、ニオイも気になりにくくて快適に着用できます。

💡保温性
ドローコードがおしゃれ。

保温性はというと、ケベックに足を入れると中綿がキモチよくかなりの温かさです🔥靴底が厚いこともあって地面からの冷気もかなり防いでくれます。

履き口はドローコードで調整できるので、冷気が入ってこないように絞って履くのも良し、少し緩めて履くのもGOOD✨

コードがあることでシンプルなブーツのアクセントになっています。


👢ワークマン『防寒ブーツケベック』履いてみた👢

自然映えするデザイン

ケベックに足を入れると中綿を通ってスルスルと足が入っていきます。これが地味に気持ちいい~✨

耐久性もあり防水、丈夫で厚手ながら履き心地はソフト。かがんだ時に窮屈さを感じそうですが、足の曲がり具合にブーツが合わせてくれます。雪かきなどで頻繁に足首の曲げ伸ばしをする場合でも疲れにくさの差を感じるでしょう。

丈夫なのに、曲げ伸ばしもラクラク。

ケベックの履き口の調整はドローコードのみなので、履くのに時間はかかりません。思う以上にスポッと履けます。中綿がみっちり詰まっているので綿に包まれているような感覚です。素材が気持ちいいのでストレスを感じることもありません。

ワンポイントが効いてます。

脱ぐときは片手でかんたんに脱ぐことができるので、時間がないときや荷物が多いときに重宝するでしょう。

ワークマン爆売れ商品『ケベック』

防寒ブーツ ケベック 1900円(税込)

機能的にもデザイン的にも魅力的すぎるワークマンケベック。ケベック歴はまだ浅いですが、現状でこれだけの満足感が得られるブーツもそうありません。売り切れが続出するのも大納得です。

忘れてはいけないのが価格です。今までのブーツ価格をひっくり返したような価格設定にはもはや脱帽です。

カラーは、ブラックモカと2021年限定カラーのホワイトゴースト
「ホワイトゴースト」は、気温が5℃以下になると柄が浮き出る仕様になっていて「5℃前後の気温ならブーツでわかる!」といった遊び心を取り入れたケベックもあります。
ケベックは人気がありすぎてなかなか購入できないこともあるので、ワークマンHPをマメにチェックしておきましょう。


ホワイトゴーストのSS・4Lサイズはありません


寒さが本番をむかえる前に1足ストックしておくのも悪くないですよ。ケベックは期待を裏切りません。


※防寒ブーツの人気商品もチェックしてみてくださいね~↓↓↓


※おすすめ商品紹介してます↓↓
チルする?リラクゼーションドリンク【CHILL OUT(チルアウト)】飲んでみたレビュー:味や危険性を徹底解剖!
もう少しがんばりたい時やパワーを出したい時はエナジードリンクを飲みますが、イライラしたり忙しい時は何を飲みますか? 近年、「チルする?」といったワードが若い世代の間でよく使われていて、会話の中にも度々登場しているのではないでしょうか?「チルする?」の発症元は【CHILL  OUT(チルアウト)】というリラクゼーションドリンク。”安らぎ”と”パフォーマンス”両方をサポートすることで注目されています。 今回はリラックスしたい時やゆったりしたい時に最適なリラクゼーションドリンク【CHILL  OUT(チルアウト)】をご紹介します。 リンク 🍹 「エナジー」よりも「リラックス」🍹 「パフォーマンスを上げたいっ」「!ここぞっ!」って時に好んでよく飲まれるエナジードリンクは、2014年頃から火がついて今でも多くの方に好んで飲まれています。2021年は昨年からのコロナのこともありストレスレスには生活しにくい状況が続いています。情報があふれ、SNSやオンラインが主流になりつつある現代では人間関係など様々なストレスから解放される場所や安らぐ場所を求めている人が増えているのかもしれません。こういった背景がチルアウトが世の中に求められるようになった原因のひとつと言えるのかもしれません。
【ラドウェザー(RAD WEATHER)】の温かい防寒手袋で寒い冬を乗り切ろう!開封レビュー
冬を感じる11月。早朝や夜には冷え込みが増し寒さを一層感じる季節ですが、防寒対策はできていますか? 電車通勤で最寄り駅までの移動中に寒くてポケットに手をつっこんでも、素手だとどうしても寒い...。「少しの距離だから大丈夫でしょ!」と思いながらも、雨が降ったり風が強い日はやはり寒いのです。自転車やバイクで通勤している方は手により寒さを感じるわけです。 かく言うシャム猫ですが、体中が毛で覆われているので寒さ対策とは縁がないと思っていました。それでも一応手袋はしていましたが、自然が本気を出してくると太刀打ちできません。最低気温が10℃前後になるとみるみる指先が冷え込んできます。使っている手袋は5、6年!?ほど前に購入しましたが、指先の素材が破れたり劣化もあいまって自転車だとものの10分ほどで手に寒さを感じます。気温がさらに下がることを考えると恐怖を感じたので、そそくさと手袋を探しました。そして見つけたのが、アウトドア・ブランド「ラドウェザー(LAD WEATHER)」の防寒グローブ。 実際使ってみた感や冬のアウトドアシーンでどこまで使用できるかなど、レビューしていきます。
タイトルとURLをコピーしました